Samuel KEFI ABRIKH

Profil – Japanese

プロフィール

サミュエル・ケフィ・アブリック
幼少の頃、格闘技に魅了され多種多様な戦闘スタイルや武闘を学び始める。
戦闘に特化したスタントパフォーマー、スタントダブルとして、『Fast&Furious 6』、『Bourne 5』、『Spectre 007』、『MI6』などに出演。スタント業界で注目を浴びる。
2015年以降、『The Princess』、『City Hunter』、『Furie』、『Fox Hunt』など、多数の国際的な作品にて振付師及びスタントコーディネーターを務める。
2020年には、Studio68制作のNetflix映画『FURIE(HaïPhuong)』の前編(編)『FURIES (ThanhSoï)』のアクションデザイナー兼セカンドユニットアクションディレクターに就任。

自信のスタイルを磨き続け、絶えず向上していく様は監督から多大な評価を得る。
リハーサル中にはチームを率いて、現場での監督の思い描くイメージに沿うよう個々の俳優のサポートに尽力を惜しまない。
今後も精巧なアクションの振付を通して、求められるパフォーマンスを正確に表現していくと同時に、安全な環境づくりと俳優達自身の表現の可能性を与えていく。

 
  • 生年月日 1982年3月1日
  • 身長    183cm
  • 体重    85kg
  • 髪型    黒髪短髪
  • 目の色   焦げ茶

学歴:

  • 2014年 : Studios Mullerにてプロ役者訓練/スタニスラフスキー・システムとチェーホフ
  • 2014年以前: スコット・ウィリアムズ氏の指導を受ける / マイズナー・テクニック

 

言語:    仏語、日本語、英語

  • アクション監督2nd Unit

  • スタントコーディネーター

  • ファイトコーディネーター

  • 香港格闘式

  • 日本格闘式
  • CQC (近接格闘)
  • MMA格闘式
  • 刀・日本刀
  • ワイヤリング
  • スタントドライブ・バイクスタント
  • 落下・ダイビング
  • ボクシング

  • アクロバット系の格闘技・自由式

  • ペンチャック・シラット

  • 截拳道